日経225は先物取引の必勝法。 ○1

日経225先物取引は、少ない資金でも高額の利益をあげられる魅力の株式投資です。その最大の特徴は、特定の企業の株を購入するのとは違って、日本を代表する225社の平均株価を予想する為、専門の知識がなくても始められます。この平均株価は、東証が発表する日経平均株価と殆ど差異はなく、正式に取引が行われているのは大証と呼ばれる大阪証券取引所になります。この日経225は、ディトレードとしても人気がありますが、初心者の方は手堅く一年の流れから予想して、数ヶ月の単位で利益を確定して取引を完了することをお勧めします。例えば、これから3月の企業の決算期になりますので、1月の後半から2月中旬は、日経株価が一番高値になりやすい時期で、この時期に5月限月の投資を売りで購入すると、5月の連休前後には、平均株価が一旦下がって利益を確定できる可能性が非常に高くなります。日経225の特徴として、このシステムは現実に商品をもっていなくても売りから投資することが出来、これを空売りといいます。